自然療法・右脳で子育て

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


→ 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 自然療法 □

重曹ボールの作り方

「これ高かったのよ。とってもいいんじゃない?」
長男が身体をかゆがっているので、気にして
お風呂に入れる入浴剤・・・夫の母親が大きいの持ってきました。
でも、成分を見ると
乾燥硫酸ナトリウム、ニンニクエキスとかシソエキスとか、ま、この辺は別に害はないでしょう。

問題なのは!香料、黄色202号、青色1号 これらは非常にマズイ!

こんな化学物質風呂に入ったら、ますます痒くなるじゃん。

ってことでただの「重曹」だけ入れてもまろやかになるんですけど、
せっかくだから子供も喜びそうな重曹ボール作りましょう。


【準備するもの】
重曹(できればナチュラルなもの)・・・2
天然塩(又はコーンスターチ:片栗粉)・・・2
クエン酸(薬局で売ってる)・・・1
グリセリン(薬局で売ってる)・・・適量
水・・・数滴
あったらいいもの~いい香りのオイル数滴や尿素も入れるとスベスベですぞ。
(重曹はこんなんでいいよ)
重曹

(クエン酸・これは食べれる方、掃除用でもいいけど子供が飲むこともあるので)
クエン酸

【作り方】
ボールに重曹、塩、クエン酸を入れて、グリセリン(ないからってバージンオイルなど入れるとお風呂がギトギトする)をちょっとづつ加えるのですが、私が作る時は
軽量カップ こんなカップで重曹や塩は200くらいってな感じ。

グリセリンを適当に入れ、水をパパッとかけるとまとまって、おだんごにできる感じになったら
型につめます。精油や食紅もこの時にいれますが・・・
色をつけたい時のオススメは、あらかじめグリセリンに色の出るハーブをつけておくのが一番です!
重曹ボールの型ぬき この画像の右上のように、時間ない或いは、面倒な時はラップでくるんじゃえ。
バケツで足浴する時も使えるよ。
ちなみにお弁当に使うカップです。中にマスコット(ハムちゃんたち)が入ってる。

カップに入れた方は、乾くまで半日~一日くらいかかるでしょうか。


【注意】箱入りクエン酸は中の袋を開けると、かなりサラサラしているので、袋のまま箱に入れるのは正直きついです。何かステキな容器に移したほうがいいと思われます。
くれぐれも・・・
クエン酸の口 こんな風にしないように!
私はおおざっぱなので、洗濯バサミでとめています(反省)

尿素もです。
尿素 これこそこぼれやすからご用心。


できあがりの図がないのですが、子供と一緒に作っても楽しいのでぜひやってみてね。
(型抜きがうまくいくと近くにカメラがない・・・とか、そういう感じです)

【失敗例】
発砲しすぎ
こんな風になったら、水分が多いんです。この時は塩が湿っていたような気が・・・。
水は少なくねっ!

【足の裏対策】
重曹とクエン酸と塩だけで上記の配合で手で握れるほどのボールを作ります。
(ちょっと大き目の方が効果あるよ:といってもテニスボールほど大きくなくて大丈夫)
バケツか大きめの洗面器にぬるいお湯(41度くらい:あまり熱いとかえって自分の油分まで逃してしまう)をはって、そのボールを入れ足を入れること10分ほど。途中でお湯を足して温度調節もあり。
別にこすらなくても、足の裏がつるつるします。
週に一度、いえ月に一度でもやってみてね。全然違うからっ!
スポンサーサイト


→ 「自然療法」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2010/02/01
Trackback:0
Comment:0
Thema:アレルギー・アトピー
Janre:育児

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。