自然療法・右脳で子育て

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


→ 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 掃除・洗濯 □

炭で洗濯・靴下にありがとう

うちの洗濯はかなり変わっている。
三男を自宅で出産してから
すっかり◎◎◎に目覚めた私は、その道をまっしぐら・・・
と、言いたいところだけど、そうはいかない。

昔昔「花王」の講習を受けた夫の母が、
「マイペット」こそがこの世の汚れの全てを解決できるグッズだと信じてやまない。
そんな彼女からの贈り物は、マイペットに限らず
食器洗剤(要らねぇ~~)。
粉洗剤(要らねぇ~~)。
漂白剤(うっ!)
でも、ご好意なので、使いましょう。

普通、ロハスな方々は、もらったものを捨てる。
私は捨てません。もったいないもんね。
このあいだの・・・あれ使った?なんて聞かれるし。
そんな時は、「はい、すごくよかったです!手も荒れないし」
全くの嘘です。

だから、手袋が欠かせない。

重曹と塩、米酢さえあれば、掃除も洗濯もほとんどできるんじゃない?

でも、洗濯に関しては、もうちょっと面白いことをしている。
以前「にこちゃん」でも紹介したのだが、
とっつきにくく実際に続けている人は少ないでしょう。

それは「炭」と「塩」での洗濯。
最近の洗濯機はステンレスだったりするので、
塩を使う時点でアウト!となる。

【作り方】
お父さんの古い靴下・・・探してごらん。できれば白がいいです。なぜか?あとで説明。
炭・・・20センチ以下の長さ・できれば竹(頑丈だから)
浮きになる発砲スチロールのネットやパック

まず、炭をよく洗って乾かす。
発砲スチロールのパックを適当な大きさにして炭をくるみ輪ゴムでとめる。
※ここでは発砲スチロールのパック(よくお肉とか入ってる)使います。
靴下に上記のものを入れて輪ゴムでとめ余った足首の部分を翻して炭が入った部分をくるみます。
そこに「ありがとう」と油性マジックで書きます。

これだけ。

そして、少量の塩を入れて洗濯。
塩がダメならば、酢とかクエン酸でもいいです。
日干しにして何度も繰り返し使えます。

パックが薄くなってバラバラになる頃(2ヶ月持つかな)まで使えます。
そうなったら炭は植木鉢に入れたり、土に返すなど。

【ありがとうと書くわけ】
以前ビーカーに良い言葉と悪い言葉を書いたそれぞれの水が
同じ条件、環境の中で数日おき
どのくらい長持ちするかという実験をしている方がいまして、
良い言葉を書いたビーカーの水はいつまでも清いまま。
逆に悪い言葉を書いたビーカーの水は、濁ってしまい、
見た目にもはっきり区別がつくほどでした。

よくお花にクラシックを聞かせるとよく育つってありますが、
似たようなものでしょうか。
科学的には証明できないような未知の世界ですけど
汚れが落ちるとか・・・どうのって問題ではなくて
良い言葉を吸収した水は、良い流れを作るってことでしょうか。

私も水に対して、洗濯機に対して?
感謝の気持ちをわかる形にしたいと思って書いてます。
「ありがとう」と書いたほうがふんわり仕上がると思うのは私だけでしょうか。
スポンサーサイト


→ 「掃除・洗濯」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2010/02/01
Trackback:0
Comment:0
Thema:3人子育て日記
Janre:育児

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。